コンピュータ/ソフトウェア関連Tips

pwerd(reeBSD)

作成日: Jul 21, 2019
カテゴリー: FreeBSD タグ: FreeBSD

powerdのセットアップメモです。

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51697097.htmlを拝見したら、非常に有効なようなので、/etc/rc.confに以下を追加。

$ sudo vi /etc/rc.conf
powerd_enable="YES"
powerd_flags="-a adp -n adp"

/boot/loader.conf に以下を記述する。(参考にしたページ: http://running-dog.net/2015/09/post_1646.html)

pi_throttle.0.disabled="0"
hint.p4tcc.0.disabled="0"

FreeBSD 12.0Rでは、上記を記述しないと、以下のようなメッセージが表示される。

Starting powerd.
powerd: no cpufreq(4) support -- aborting: No such file or directory
/etc/rc.d/powerd: WARNING: failed to start powerd

再起動すると、powerdが有効になっているはず。

$ sudo /etc/rc.d/powerd stop
$ sudo /etc/rc.d/powerd start

を実行して、挙動を確かめる。