コンピュータ/ソフトウェア関連Tips

本文へ

festival

更新: 2013年08月04日(日) 20:29
公開: 2013年06月08日(土) 12:38
$ sudo yum install festival
$ echo "Hello" | festival --tts

で音声が出た。

音声データは、

/usr/share/festival/lib/voices/us

の中に、nitech_us_slt_arctic_htsが入っていた。

/usr/share/festival/lib/voices/us/nitech_us_slt_arctic_hts/festvox

の下に、.scmファイルが入っている。

ディレクトリ構成については、http://www.cstr.ed.ac.uk/projects/festival/manual/festival_24.html の24.3 Defining a new voiceに記載されている。

/etc/festival/sitevars.scmには以下のように書いてある。

;; The system-voice-path is an additional path in which to look
;; for voices. If you install voices not provided in the form of
;; rpm package, you should then set this to match. The default
;; provided here, "/usr/local/share/festival/lib/voices/", is
;; probably a good choice. You could also set this in
;; ~/.festivalvarsrc, if you want to use a voice not provided to
;; the system as a whole.

(set! system-voice-path '("/usr/local/share/festival/lib/voices/"))
(set! system-voice-path-multisyn
               '("/usr/local/share/festival/lib/voices-multisyn/"))

同一カテゴリーの記事

Tags: CentOS LINUX

© Someone in the TERRA

編集