コンピュータ/ソフトウェア関連Tips

本文へ

Jcode.pmのインストール

更新: 2012年11月17日(土) 16:00
公開: 2012年11月11日(日) 00:00

Another HTML-lintをコマンドラインで使用するために、Jcode.pmをインストールしたときの記録です。MinGW(Minimalist GNU for Windows)も自動的にインストールされます。(正確には、予期せずインストールが始まった...というのが正しいのですけど...。)

なお、

Perl 5.8.0 より、Jcodeの全機能は Encode module を通じてPerlに標準装備となります。Jcodeのメンテナンスは旧Perlのために今後も続けていく所存ですが、最新のPerlをお使いの方には、より高機能、高性能、そしてなんといっても標準装備の Encode の方をお薦めします。
「Jcode.pm - jcode.pl の後継、Encode.pm への架け橋」http://openlab.ring.gr.jp/Jcode/index-j.html より

なのですが、Another HTML-lintでは、Jcode.pmが必要です。

おおまかな手順は、http://openlab.ring.gr.jp/Jcode/index-j.html にあるとおり。まずは、

> perl -MCPAN -e shell

この時点で、何が始まるか分かっていなかったというのが、今考えると無謀だったのですが、以下のような画面が...

perl -MCPAN -e shell

問合せは無しで、MinGWのダウンロードが始まる。正直、最初は焦ったが、「ま、いいか」と。しばらくすると、以下のように、cpanシェルのプロンプトが表示されます。

MinGWのダウンロード

ここで、

cpan> install Jcode

と入力すると、以下のように何やらはじまります。

Jcode.pmのインストール

さらにしばらくすると、cpanシェルのプロンプトが表示されます。

Jcode.pmのインストール終了

cpanシェルを抜けるには、exit。(実は、分からなかったのでGoogleで検索しました...。)

cpanシェルからexit

Another HTML-lintの動作を確認するために、

> perl c:\free\htmllint\htmllint c:\free\htmllint\htmllint.html

を実行。

Another HTML-lint 実行

(略)

Another HTML-lint 実行結果

てな感じで、うまくいきました。

© Someone in the TERRA

編集