コンピュータ/ソフトウェア関連Tips

本文へ

BlogKit適用時のtDiaryで特定ページのみ公開・更新日付を非表示にする

更新: 2013年06月08日(土) 14:43
公開: 2013年06月02日(日) 00:00

BlogKitプラグインとpostedatプラグインを使用しており、右上に、更新日時と公開日時を表示している。しかし、例えばトップページは、この表示をしないようにしたい。日記本文中に何らかのディレクティブを記述して制御する方法が思いつかなかったので、データ領域に、20121028.hidedate(20121028はトップページの記事番号)というファイルを保存して、lm.rbとpostedat.rbの中で、表示制御することにした。他にも非表示にしたいページがあれば、yyyymmdd.hidedate(yyyymmddは記事番号)というファイル(中身は空でもなんでも良い)を設置する。

lm.rb

Before

def lm( date, leave = false )
	return '' if feed?

	bottom = @options['lm.bottom'] || false
	style = @options['lm.style'] || 'Last Update: %Y-%m-%d %H:%M:%S'
	diary = @diaries[date.strftime( '%Y%m%d' )]
	if diary and !(leave ^ bottom) then
			%Q|<div class="lm"><span class="lm">#{diary.last_modified.strftime( style )}</span></div>|
	else
		''
	end
end

After

def lm( date, leave = false )
	return '' if feed?

	bottom = @options['lm.bottom'] || false
	style = @options['lm.style'] || 'Last Update: %Y-%m-%d %H:%M:%S'
	diary = @diaries[date.strftime( '%Y%m%d' )]
	if diary and !(leave ^ bottom) then
		if !File.exists?(@conf.data_path+@date.strftime("%Y%m%d")+'.hidedate') then
			%Q|<div class="lm"><span class="lm">#{diary.last_modified.strftime( style )}</span></div>|
		end
	else
		''
	end
end
Tags: tDiary

© Someone in the TERRA

編集